2019/04/23

■夜空のこと 『鏡』第31号より

啓蟄の窓は夜空を繰り返し  佐藤文香

啓蟄(今年は3月6日)は「冬籠りの虫が這い出る」(広辞苑)の意だから、俳句に使われると、視線は下/地面に行きがちなのだけれど、この句は、窓や夜空。啓蟄と合わさることで、夜空がなまめかしく有機的な肌合いをもっていますよね。

ラヴ&ピース!

掲句は『鏡』第31号(2019年4月)より。

2019/04/22

■はがきハイク・第20号

もうすぐお手元に届きます。業界最小最軽量の俳誌『はがきハイク』第20号。

『はがきハイク』はこちらから勝手に送りつける御挨拶のようなもの。送り先の漏れは多々。届かないときは、「おい、こら、来てない。送れ」とゆってください。

tenki.saibara@gmail.com

見たことがない、興味がちょっとある、という方も、ご遠慮なく、同じメールアドレスへどうぞ。お送りいたします。

【お願い】
はがき「全面」の写真、画像キャプチャー等を、ネット上に載せるのはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。



2019/04/21

■かまちよしろうさんの古希イベント

某日、漫画家かまちよしろう・俳人かまちんの古希祝いのイベント(@大森)へ。

前半はトークショー。谷岡ヤスジのアシスタントしてた時代の話など、たいそうおもしろかった。後半は歌と演奏。



なお、かまちんさんのペンギン侍(未完!)はウラハイの黄金コンテンツ(≫こちら)。

俳句作品は、こちら。
http://weekly-haiku.blogspot.com/2011/10/20_7470.html



大井さち子 はなれたりくっついたりして

2019/04/20

【お知らせ】4月のくにたち句会

2019年4月28日(日)14:00 JR国立駅改札付近集合

句会場所:ロージナ茶房(予定)

席題10題程度

初参加の方は、メール tenki.saibara@gmail.com電話etcでご一報いただけると幸いです。問い合わせ等も、このメールまで。

2019/04/18

■溶ける

昨日、ツイッターで、これ

https://twitter.com/SH1BUYAMELTDOWN/status/1118370912124981249

を見て、即座にアカウントをフォローした。

https://twitter.com/SH1BUYAMELTDOWN

渋谷でメルトダウンしちゃった人々を撮影。可笑しいような哀しいようなコレクション。

今和次郎・考現学の系譜といえなくもないし、小林泰彦イラスト・ルポの末世ヴァージョンといえなくもない。