2018/06/16

■1年が過ぎるの、早い 『豆の木』第19号の話

『豆の木』第20号(2018年5月20日)がすでに刊行され、手元にもあるのですが、第19号で書いておきたいことがあるので(積み残し)、ちょっと書きますね。

(つまり、去年の話をするわけです。

 ラヴ&ピース!)


極月の眼科まっしぐらに光る  小野裕三

強→強→強→強、と攻め立てる。メリハリなど知ったこっちゃないとばかりに。


夜濯の夫よ三番から歌ふ  柏柳明子

歌いながら洗濯。夫も、それを聞く妻も、なかなかいい感じ。「え? なんで三番から?」という軽微な不思議が、またなかなか。

ところで、俳句では、夫を「つま」と読ませることが多く、この句も七音に収めるには「つま」。これ、かなり抵抗があります(とつぜん口語的センスを押し出して恐縮ですが)。《夜濯の夫(おっと)よ二番から歌ふ》じゃあダメなのかなと思ってしまいます。


ポンポンダリア姉の忌日をかぞえます  川田由美子

意味が取りにくい句。ポンポンダリアの語感と見た目が「忌日」とぶつかる。そのぶつかりようは、「かぞえます」の意味の取りにくさとうまく機能。


降る雪のあはひを雪の影降れり  齋藤朝比古

本格。雪の実体と雪の影と。雪が降るのを観ていると、たしかに2つのものが互いに「あはひ」を降るかのようです。


爪伸びて確定申告終へにけり  しまいちろう

爪から確定申告はなかなか意表。


≫置く眼鏡 『豆の木』第19号の大田うさぎ
http://sevendays-a-week.blogspot.jp/2015/05/19.html
≫日常と祝祭 『豆の木』第19号の岡田由季
http://sevendays-a-week.blogspot.com/2016/07/19.html
≫水の音 『豆の木』第19号の近恵
http://sevendays-a-week.blogspot.com/2016/07/19_20.html

2018/06/15

■香水のこと 伴場とく子句集『ふくらんで』

香水やぽわんほわんと仏蘭西語  伴場とく子

オノマトペの「ぽわんほわん」は構文上、フランス語の響き(実際、宙に浮くように聞こえることがあります。仏語を解さない耳には)。同時に、香りが伝わるときの擬音にも読める。

つまり、フランス語も香水も「ぽわんほわん」と届く。

さらに、プワゾン(poison)という銘柄に思いを到らせるのも、そう無理筋ではないでしょう(フランス流のこの毒、ぷわんぞわんしてます)。

香水に「毒」の名ありて金曜日  笠井亞子(『東京猫柳』2008年4月/西田書店)

本日は金曜日。ひとりでも多くのみなさんに、ドキドキすることが起こりますように。


掲句は伴場とく子第一句集『ふくらんで』(2018年5月/文學の森)より。


【週刊俳句の伴場とく子】
束ね髪 10句:2017年3月19日
http://weekly-haiku.blogspot.com/2017/03/10_18.html
ふくらんで 10句:2008年5月11日
http://weekly-haiku.blogspot.com/2008/05/blog-post_2057.html

2018/06/14

【お知らせ】6月のくにたち句会

2018年6月24日(日)14:00 JR国立駅改札付近集合

句会場所:ロージナ茶房(予定)。

席題10題程度

初参加の方は、メール tenki.saibara@gmail.com電話etcでご一報いただけると幸いです。問い合わせ等も、このメールまで。

ラヴ&ピース!