2017/09/18

■紫陽花が若手俳人のあいだで課題化?

福田若之 〔ためしがき〕自分の書いた句を読みなおす
http://hw02.blogspot.jp/2017/09/blog-post_12.html

こういう自句自解は感心しないけれど、それはまあいいとして、語順については、代替案も含め、どれもそれほど変わらないように思う。

語順によって〈散文的〉〈意味合い〉の差異はわずかに生じるが、〈韻文的〉〈効果〉に大差はない。


それよりも、上掲記事に並んだ紫陽花3句。若い作家3人の有名句。

てざわりがあじさいをばらばらに知る  福田若之

あぢさゐはすべて残像ではないか  山口優夢

紫陽花は萼でそれらは言葉なり  佐藤文香

3句とも、ノリがひじょうに近い。

よくいえば、理知的なアプローチ、悪くいえば、理屈っぽい。

よくいえばリリカル、悪くいえばポエミー。


若手で3人でこのように揃い踏みっぽいとなると、ひょっとして、紫陽花は、楽器の実技試験のおける課題曲のようなものなのでしょうか。

『天の川銀河発電所』あたりで紫陽花の句を拾ってみると面白いかもしれませんよ。

ラヴ&ピース!


2017/09/17

■裏面

画像をクリックすると大きくなります

2017/09/16

■本をあげる

「読み終えた文庫本、なんでもいいから、1冊くれませんか」と知人から言われて、おもしろい頼みごとだなと思った。

「貸して」と言われるよりはるかにいい。

「ください」「はい、あげます」

こういうのがいい。


ただし「なんでも」というのはやはり困る。考えたり探しまくったりしてもラチがあかない気がして、本棚のぱっと見える範囲で、種村季弘『好物漫遊記』。すごい愛読書(漫遊記シリーズはどれも大好きだけどね)。

こんなとき人間て、いまひとつだった本、まあふつうにおもしろい程度といった本は、選ばないみたいですね。

ラヴ&ピース!



2017/09/15

【お知らせ】9月のくにたち句会

2017年9月30日(土)14:00 JR国立駅改札付近集合

いつもは最終日曜日なのですが、今月は異例。

句会場所:ロージナ茶房(予定)。

席題10題程度

初参加の方は、メールtenki.saibara@gmail.com)、電話etcでご一報いただけると幸いです。問い合わせ等も、このメールまで。


2017/09/14

■深淵についてのきわめてスマートな処理

くろは『有害指定同級生』

  
こういうニーチェ形無しの処理法、好きすぎて、自分でも困ったものだ。

ラヴ&ピース!