2017/06/26

■シリーズ第4作は深夜TV:SRサイタマノラッパー~マイクの細道

入江悠脚本・監督の映画シリーズ3本、SRサイタマノラッパー(入江悠監督/2009年)「サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム」(2010年)、「SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」(2012年)。

≫参照過去記事:観くらべ 第24番 「世界」の作用

その続篇を、テレビ東京の深夜枠で。それがこの『SRサイタマノラッパー〜マイクの細道〜』。

映画3本は、どれも好き。だから、続篇にも期待した。

結果、はじめと終わりが良かったので、オッケー。途中は「細道」の表題のとおり、みちのく道中記。エピソードを並べて、おおむねたらっと進行。映画だとダレること必至だけれど、週一のテレビドラマなら、アリ。

ラス前と最終回に、いよいよのステージ。デビューも出来ず年齢を重ねてしまったラップ・グループ(3名)が最初で最後かもしれない晴れの舞台を踏む。

このライブアクトが素晴らしい。


SRサイタマノラッパー~マイクの細道~ 第11話(最... 投稿者 sapporo096


音楽ストーリー映画は曲や音が良くないとダメ。とりわけ、クライマックスのライブ。ここで観客が絶頂に達しないと、映画全体がダメダメになってしまう。ちょっと思い出すと、『スクール・オブ・ロック』(2003年)、『アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち』(2009年)。いずれもラスト近くのライブが素晴らしい。

閑話休題。サイタマノラッパーは、道中、いろいろあったけど、最後、ここまでたどり着いて、「これだ!」と観客に向けて発するエネルギー量。誠によろしうございました。

ヒップポップのこと、あまり知らないので、「ホンモノはこんなもんじゃない」のかもしれない。でも、ここで歌う役者さんたちの(ミュージシャンとしての)シロウトっぽさが、この物語にはちょうどフィットする。

だって、これは「好きで続けてきたけれど才能はない」人たちの物語だから。

そこには、才能があって成功を収めた人たちにはけっして実現できないもの(シンプルに言えば、感動)があるんですよね。

■くにたち句会、無事終了

いつものロージナ茶房が満席で、駅前にある「サイゼリア」というイタリア料理店へ。

活気のあるお店でした。中学生が勉強していたりして、長居しやすい。



句会後はいつもどおりの飲食。

パエーリャの素(スペイン製)は、俳句関係・佳人よりの到来物。美味しくいただきました。




老眼に使っているほうの眼鏡の部品(鼻梁にあたるちっこい部分)の片っぽうが取れてしまった。

くっつかないかなあ、新調かなあ。

ところが、試しに、かけてみると、なんの支障もない。なーんだ、2つも要らないんじゃないか(違うか?)

2017/06/25

■今日はマイケル・ジャクソン忌

だったのですね。

Michael Joseph Jackson(1958年8月29日 - 2009年6月25日)。中3トリオ(森昌子、桜田淳子、山口百恵)と同学年。

素晴らしい音楽業績を残した人。私は「ジャクソン5」時代が好きです。



リミックスで。

■枇杷愛好会 loquat lovers club

枇杷ラヴァーなわけですが、枇杷というもの、アタリハズレが多くて、値の張る品でもいまひとつのことがよくある。

どなたさまかの庭で成ったこの枇杷(盗人したのではありません。到来物)、小ぶりで、よく売っているものの半分ほど。ところが、おごそかにセロファンをかぶった茂木枇杷@紀ノ国屋にも引けを取らない美味しさ。ぎゅっと甘いのでござんす。


2017/06/24

■kinki region : mid-1970s

1975年前後、近畿地方では、R&B、ブルースが、ものすごいことになっていたことを、最近になって急に思い出した、というか、あらためてびっくりしたわけです。

例えば、ウエストロード・ブルース・バンドのライブでのこの演奏。



キング・カーティスの「メンフィス・ソウル・シチュー」をそのままやって、タイトルを京都に換えたもの。

それから、大上留利子が歌うソウル・バラード。



歌唱の素晴らしさだけでなく、バッキングのシブいことシブいこと、同時に音楽的初期衝動も伝わる(擦り切れていないという意味)。

40年前かあ。

ちょっと戻りたい気もする。近畿地方に、じゃなくて、40年前に。そんなこと、思ったことなかったんだけどね。