2024/05/21

■くにたち句会5月のご案内

2024年5月26日(日)14:00 JR国立駅改札付近

句会場所未定/席題テキトー
 ※大学通りの桜(見頃はいつなんでしょうね?)を眺めて歩きます。

よろしければ句会後の飲食(おそらく拙宅)もどうぞ。



2024/04/23

■虎から図書館へ

虎がバター、バターが図書館になるまで  湊圭伍

「ちびくろサンボ」のエピソードが、図書館に発展するわけですが、この世界的大ヒット絵本、人種差別問題から絶版、書店から回収という経緯のなか、いちはやく(日本の)図書館から姿を消したのではなかろうか、と。

出版物がこの手の憂き目にあう(と言っていいのかどうか)のは、まずは学校の図書室、次いで公共の図書館、という気がする。データや根拠はありません。なので、この句の《図書館》は、ごくすんなりと、句の中に収まる。

その「すんなり」感と、バターと図書館の「物質的」な距離の遠さ(どうやったって、バターが図書館になることはない)、〈とんでもなくもない〉と〈とんでもない〉の同時発生といってもいいし、〈わかる〉と〈わからない〉の共存といってもいいのですが、それが一句の中に並び立っているところが妙味。

掲句は『川柳木馬』第179号(2024年4月)より。

2024/04/07

■128s(イチニッパーズ)ライブのお知らせ

128's は、回文俳句の吾郎さん(bass)、栞さん(vocal)、マサルさん(perc.)、yuki氏(keyboard)、私め(guitar)。懐かしめのロック、洋楽の日本語歌詞ヴァージョンなどを演ります。ラフでカジュアル、いい意味でいいかげんなバンドです。

2024年5月19日(日)13:30開場 14:00開演

くにたち・地球屋 http://chikyuya.online/

地球屋さんは、JR国立駅を降りて大学通りの左側を南へ。一橋大学・東校舎の手前の地下。駅から5分。

charge 1500円(ドリンク代別)



2024/03/31

■『はがきハイク』第25号

そろそろお手元に届きます。業界最小最軽量の俳誌『はがきハイク』第25号。


『はがきハイク』はこちらから勝手に送りつける御挨拶のようなもの。送り先の漏れは多々。届かないときは、「おい、こら、来てない。送れ」とゆってください。

tenki.saibara@gmail.com

見たことがない、興味がちょっとある、という方も、ご遠慮なく、同じメールアドレスへどうぞ。お送りいたします。

【お願い】
はがき「全面」の写真、画像キャプチャー等を、ネット上に載せるのはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。



2024/03/26

■これさえあれば…

…だいじょうぶです。ラヴ&ピース!