2008/10/02

Like Someone in Love



4 件のコメント:

猫髭 さんのコメント...

リッキー・リー・ジョーンズとかこの手のジャズ外の、おお、ええやんというわたくしの好きなスタンダードの外野からの乗っ込みは好きなのですが("Like Someone in Love"のヴァージョンはかなりコレクションしてます、曲とジャッケットで買うので)、ハープは勘弁してよですね。琴とハープはジャズに合いません(キッパリ)。

tenki さんのコメント...

お気に召さなかったようで、すみません。

ビヨークという人は、私、苦手で、だからいっさい聞かない。でも、これ、友人からもらったコンピレーションに入っていて、妙に来ちゃったんですねえ。

異形性(これが苦手だったわけですが)が、なんか切なくて。

節回しなども、ジャズのこなれた感じからは程遠く、意あって技術足りず、の感なのですが、このトラックは、なぜか切ないのです。

猫髭 さんのコメント...

昨夜はかなり酔っ払って帰って来たので、自分で書き込んだこと覚えてませんでしたww。

歌はとても気に入りました。

Seelaというロック歌手が歌ったI fall in love too easily.も、もっと脱力系でとてもいい(「Befor the night is over」というバッファロー・レコードのCDに入っている)。

スティングの映画のサウンドトラックでジャズ歌った奴とか、結構、ポップやロック畑の人のスタンダードって、好きです。ジャズらしいジャズ歌手の歌い方は昔から嫌い。特にスキャットやられると、後ろから金鎚で殴りたくなる。声は楽器じゃないんでね。

イングリッド・ルチアのKiss of fireなんて、耳朶なめられてるようでね、えへへ、いい。

ジャネット・サイデルのマイアミ・ビーチ・ルンバやノラ・ジョーンズのI've got to see you again(オリジナルだけど)なんかも好きですね。

そのうち、コンピレーションCD作ってお届けします。

tenki さんのコメント...

コンピ!?

うわぉ!

一部で流行ってるんです、ブツのやりとりが。

もう過ぎてしまった九月のコンピ(by tenki)は、こんな感じ。前半、下がりまくりのダウナー、後半、ちょいと上がります。

September Song SEP.2008 Come Rain or Come Shine
night side
01 Duke Ellington & John Coltrane: In a Sentimental Mood
02 Ann Sally: Hoshikage no Komichi
03 Tom Waits: Take It With Me
04 David Sylvian/sung by Shree Maa: Praise
05 Bill Nelson: The Shadow Garden
06 Kip Hanrahan: India Song
07 Gazelle: Before Dawn
day side
08 Ann Sally: Rainbow Sea Line
09 Bossa Pianikita: Sora to Kumo
10 Françoise Hardy: Question
11 Charlie Haden: Bittersweet
12 United Future Organization: United Future Airlines
13 James Brown: It's a New Day
14 Georges Delerue: Garden Party from the Woman Next Door
15 Soul Coughing: Janine
16 Lou Reed: September Song

ご希望の方、こっそり連絡ください。