2008/09/19

私家版句集



雪我狂流さんの4つ目(?)の句集『帰ろかな』が出た。これまで同様、手作りの私家版。A6判と、文庫よりもさらに小さなポケットサイズ。秋の句ばかり93句を収録。どうやら季節ごとに1冊ずつ句集を作っていく、ということのようだ。

  もつともだ薄荷の花が白いのは  狂流

あいかわらずキュートな句がたくさん。

以前、狂流さんの第一句集『御陰様』が私家版で出たとき、「もっとたくさんの部数を、ちゃんとした(何がちゃんとしているのか知らないけど)自費出版にす れば、きっと話題を呼ぶのに」と残念に思った。けれども、そんな野心めいたこと、それも他人が思うのは、あまり意味がない。こういう手もあるな、と、今は 思う。

何十万、あるいはそれ以上の費用をかけて、しかるべき(俳句系自費)出版社から句集を出すのも、それはそれで意義深いことだが、みな、それぞれのやり方でよい。俳句が、読み手に届くか届かないかは、器(本としての体裁)の如何とはまた別のことろにあるから。

2 件のコメント:

猫髭 さんのコメント...

中村十朗「家にかえろう」、雪我狂流「帰ろかな」、期せずして二人の天性俳人の句が同じようなタイトルで出るとは、至福の9月。毎日読み返しています。
狂流さんの句は、最近狂流さんらしいと言われるのに倦んだのか、少し外した句を詠もうとしている傾向があり、それがまたエエッ、狂流さんの句なのお!という驚きとなって、これがまたしみじみ地味で渋い。

 秋蝉を聞くに縁側ありにけり

なんかその路線ですね。「縁側日和」という造語を「猫髭季寄せ 秋」に登録している縁側フェチとしては、ぐっと来る句です。

 狂流さんと坐る縁側日和かな 猫髭

七曜堂 さんのコメント...

そう! タイトル見たとき、私も思いました。
みんな、帰ろう! ダンボール箱かかえてw、ということでしょうか。

♪両手をまわして 帰ろう 揺れながら(星屑の街)。秋になると、この唄を思います。


正座して日向ぼっこをしてをりぬ 狂流 『御陰様』

これも縁側俳句ですね。